2017.10.29

 10月28日(土)東京スカイツリータウンR・ソラマチイーストヤード5F、J:COM Wonder Studioにて「GAORA SPORTS presents『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ヘビー級王座決定トーナメント~』11.23さいたま大会・大決起集会!」が行われた。

 このイベントはタイトルの通り、11.23さいたま大会に出場する主要ファイターたちが続々と登場し、試合に向けて熱いトークを展開するK-1の大会前恒例の公開イベントだ。イベントにはK-1公式サポーターの関根勤さんも参加し、ハロウィンにちなんで選手たちはそれぞれ“仮装”して登場した。(※海外在住選手を除く。武居由樹は諸事情により欠席)

 初代ヘビー級王座決定トーナメント選手は二つに分かれて登場。先に岩下雅大、K-Jee、パコム・アッシ、古田太一が姿を現し、トーナメントへの意気込みを語った。

岩下雅大(仮装:ハルク)
「一回戦で対戦するロエル・マナート選手は身長もでかくて素晴らしい選手なので、がっちり噛み合うと思います。でも僕はK-1のリングに上がることじゃなくて、K-1で優勝することが目標なので勝ちに行きます。

(決勝で戦いたい相手は)特にいなくて、優勝することが目的です。1回戦がロエル選手で、準決勝がイブラヒム・エル・ボウニ選手、決勝がアントニオ・プラチバット選手になると、全員190㎝以上の相手なので、そういうデカい相手を倒す姿を見せられたらなと思います。(古田の対戦アピールを受けて)もちろん古田選手とも戦いたいです(笑)。

 僕は喜界島という小さい島の出身なんですけど、そこから世界一になれるところをたくさんの人たち見てもらいたいです」

K-Jee(仮装:ピエロ)
「一回戦で対戦するアントニオ・プラチバットは…強いです。正直、思いっきり打ち合ったら危ないし勝てないですけど、安全に勝ちに行けば勝てると思っています。(決勝で戦いたい相手は)自分は優勝することが目標なので、誰が相手でもいいですね。僕はトーナメントの中で実力はないかもしれないですけど、当日はミラクルを起こします」

パコム・アッシ(仮装:スターウォーズ)
「(一回戦で)上原誠と戦えることをうれしく思う。なぜなら彼は日本でナンバーワンのファイターだと言われているからだ。今とてもいいトレーニングが出来て、いい仕上がりだ。試合当日はエキサイティングな試合が出来ると思う。K-1ファンにこれだけたくさん強い選手がいて、いい試合をするところを見せたい。楽しみにしているよ。(決勝で戦いたい相手は)どの選手もファイナルで戦いたいと思っているだろうけど、誰か一人を選ぶとしたら、自分の友人でもあるKOICHIと戦いたいです」

古田太一(仮装:スクリーム)
「(過去に2度敗れている)愛鷹(亮)選手とK-1で3度目の対戦が決まったので、思いっきり行こうかなと。今、色々と練習している技があるので、それを試合で出したいです。(決勝で戦いたい相手は)岩下選手とやりたいです。一緒に練習したこともありますし、ここで岩下選手と戦えたらなと思います」