2017.06.08

 6月22日(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~」の[プレリミナリーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R]で対戦する竹内悠希と田畑凌のコメントを公開!
竹内悠希(K-1ジムEBISU小比類巻道場)
「僕がテクニックで完封して、いつの間にかレフェリーストップにしてると思います」

「デビュー2戦目でK-1のプレリミナリーファイトという大舞台に自分が立てるとは思っていませんでした。試合が決まった時はビックリしましたが、とても嬉しかったです。
(格闘技を始めたきっかけは?)15歳の時に始めてキックボクシングをやりました。それからずっと趣味で続けていて、アマチュアで40戦くらいやったあと、プロを目指すと決めて1年ほど前に上京して来ました。
 対戦相手の田畑選手は打たれ強くて勢いもある。試合を最後まで諦めない、良い選手だと思います。でも試合では僕がテクニックで完封し、いつの間にかレフェリーストップにしてると思います。
 今回のテーマは9月のK-1プレリミナリーファイトでも見たいと思ってもらえる試合をすることで、プレリミナリーファイトの中で一番面白い試合だったと思ってもらえるように頑張ります!」
田畑凌(池袋BLUE DOG GYM)
「気持ちで前に出て、見ている人の印象に残るような熱い試合をして絶対勝ちたいです」

「会長から電話で連絡をもらって、K-1のプレリミナリーファイトという話を聞いた時はすごく驚きました。テレビで見ていたK-1に出るのは本当に嬉しいことだし、会長には感謝しかないです。
(格闘技を始めたきっかけは)もともとボクシングやキックボクシングを見るのが好きで、ずっとサッカーをやっていたんですけど、サッカーを辞めて何かスポーツをしたいと思った時にキックボクシングをやろうと思いました。その時に友達に紹介してもらい、18歳の時に今のジムに入会しました。
(対戦相手の印象は?)デビュー戦でKO勝ちしているし、強い選手だと思います。僕はとにかく気持ちで前に出て、見ている人の印象に残るような熱い試合をして、絶対勝ちたいです。試合のテーマは特に考えていないですが、良い試合をして勝ちたいです。
(自分のどこをアピールしたい?)気持ちの強さをアピールしたいです。僕は気持ちの入った良い試合をして勝ちます!応援宜しくお願いします!」

 

選手登録