2019.12.27

K-1×Krushモバイルで毎週金曜日に更新する「関根勤の部屋」。K-1公式サポーターを務める関根勤さんがK-1・Krushの魅力をたっぷりと語り尽くすこのコーナー。今回は関根さんが「K-1 WORLD GP」12.28(土)名古屋大会を振り返ります!

――後半戦は日本人選手が海外の強豪に挑む試合が続きます。

「スタウロスはK-1戦績では負け越しているけど強い選手ですよ。武尊も倒せなかったし、皇治とは延長戦までもつれる接戦だったじゃないですか。パンチ力もあってタフで打たれ強くて。大岩としてはここでスタウロスをKOで倒したらホンモノですよね。野杁と対戦するハッサン・トイは初来日ですけど、身長が180㎝以上あって、ヒザ蹴りが得意なところとか戦い方が野杁に似てますよね。世界にはまだ見ぬ強豪がたくさんいるし、野杁相手にどれだけやるか気になりますね。野杁も3月にジョーダン・ピケオーに負けたけど、ハイキックでダウンをとりかけているし、それ以外の試合は全部KOじゃないですか。ここは野杁が地元で強さを見せてくれるかどうか、ですね。

 木村"フィリップ"ミノルの相手はナイジェリアの選手で、今年は絶好調で色んなタイプとやってきたけど、こういうアフリカ系の身体能力が高い選手とやったらどうなるか?ですよね。K-1全大会出場・全試合KOの快挙を成し遂げてほしいです」

――武居選手はムエタイの強豪スリヤンレックと対戦します。スリヤンレックはムエタイ戦士の中でも屈指の激闘派です。

「スリヤンレックはパンチとローでガンガン行くタイ人だから、この選手はK-1ルール向きですよ! 去年武居がやったヨーブアデーンは蹴り主体の選手だったから、あの時とはまた違う試合になりますよね。タイプ的にスリヤンレックはヨーブアデーンよりも面白い試合をするタイプだから武居とやったら激しい試合になるはず。ここで武居がスリヤンレックのようなタイ人に勝てば、それこそもう敵なし状態ですよ」

――そしてメインイベントではスーパー・ライト級王者・安保瑠輝也と挑戦者ゲーオ・ウィラサクレックのタイトルマッチです。6月両国大会のリマッチで、この時は王者ゲーオから挑戦者・安保が判定勝利を収めています。

「今回は完全決着で決めてほしいんだけど…ゲーオを倒すのは難しいですよ。前回の試合は安保が判定で勝ったんだけど、僕はゲーオの強さを再確認したというか。安保はどんな相手にも長いリーチからパンチを当てたり、多彩な蹴り技で相手を倒しちゃうんだけど、ゲーオにはそれが全く当たらなかった。安保の蹴りを全部カットして、間合いもコントロールしてましたよね。最後はゲーオのクリンチが減点になって勝負がついたけど、今回はどうなるかなぁ…と。安保としてはゲーオ相手にどういう勝ち方をできるかで武居や武尊に並ぶチャンピオンになれるかが試されると思うので、防衛戦でもあると同時に正念場ですね」

――2020年3月22日にはさいたまスーパー・アリーナ(メインアリーナ)で「K'FESTA.3」の開催も決定しています。そこにつながる大会としても注目ですね。今日はありがとうございました!

 

選手登録