2019.07.31

 8月4日(日) 東京・GENスポーツパレスにて行われる「ガスワンPresents K-1甲子園2019~高校生日本一決定トーナメント~」。西日本予選トーナメント-60kgの上位入賞者4選手のコメントを公開!

優勝:石田龍大(美原高校2年)
「空手を幼稚園からやっています。西日本予選では体力がなかったんですけど、左ストレートが当たってよかったです。好きなK-1ファイターは魔裟斗さんと皇治選手です。日本一決定トーナメントでも左ストレートを当てて勝ちたいと思います」

準優勝:井上大斗(住吉商業高校1年)
「僕はちっちゃい時からずっとK-1に出たくて、K-1甲子園に優勝したらK-1に出場する近道になると思ったんで出場を決めました。格闘技歴は幼稚園の年長さんからなんで、6歳からキックボクシングをやってます。得意技は蹴りで、特にヒザ蹴りが得意です。西日本予選トーナメントは得意のヒザ蹴りが上手いこと出せて良かったんですけど、悪いとこも出てしまいました。これから直すところも一杯見つかったんで頑張っていこうと思います。悪いとこが良いとこよりもたくさん見つかったので優勝できなかったですけど、良い経験になりました。好きな選手は武居由樹選手です。パンチと蹴りのバランスが良いし、どんな相手が来ても自分のペースで戦っていけるところ、あとは気持ちの強さが好きです。この前のトーナメントはやばかったです。日本一決定トーナメントでは悪いところをしっかり直して、本番に臨みたいと思います」

3位:児玉兼慎(新居浜南高校3年)
「K-1甲子園に出場したきっかけは高校最後の年にベルトを巻きたかったんで出場しました。格闘技歴は小学校1年の6歳から空手をやっていて、高校生になってからキックボクシングを始めました。得意技は空手やってたんで蹴りが得意です。西日本予選トーナメントは負けちゃったんですけど、まだ全然自分の実力を出せてなかったと思ってるんで、また調整して頑張りたいと思います。好きな選手は皇治選手です。皇治選手の熱いところが好きです。日本一決定トーナメントでは今日出せなかった分を全部出して絶対優勝します」

3位:古宮晴(大阪体育大学浪商高校1年)
「僕は耳が聞こえなくて、そういうハンデがあっても優勝できることのを証明したいと思ってK-1甲子園に出場しました。格闘技歴は小学校3年生からキックボクシングを始めて、今年で8年目になります。得意技は自信を持って言えるほどではないんですけどカウンターが得意です。好きな選手は同じジムの蒼士選手です。西日本予選トーナメントは自分の悪いところばっかり出て、あまり良い試合じゃなかったです。でもこの階級でバチバチ打ち合っても全然通用するなとは思いました。日本一決定トーナメントでは悪いところを改善して全部KOできるように頑張ります」