2019.07.31

 8月4日(日) 東京・GENスポーツパレスにて行われる「ガスワンPresents K-1甲子園2019~高校生日本一決定トーナメント~」。西日本予選トーナメント-55kgの上位入賞者4選手のコメントを公開!

優勝:帆士紫苑(福智高校1年)
「格闘技を始めたのは4歳くらいの時で、キックボクシングを始めました。(格闘技を始めたきっかけは)K-1のリングに出たかったからです。西日本予選では緊張して練習したことを出せなかったのが悔しいです。日本一決定トーナメントでは全試合KOする意気込みでいきたいと思います」

準優勝:山脇飛翼(布施北高校3年)
「K-1甲子園に出場したきっかけは、今年高校生最後でこれでアマチュアの大会にしようと思って、最後に高校生日本一になってK-1 JAPAN GROUPの大会に出ようと思ったからです。格闘技歴は12歳の最後くらいからキックボクシングをやってます。西日本予選トーナメントは最初の3試合は固くて全然動けなかったんですけど、決勝は負けてしまったんですけど自分の動きができたかなと思ってます。得意技はヒザ蹴りとミドルキックです。好きな選手は野杁正明選手です。蹴り技とか上手いですし、間合いとか戦い方とか真似したいなと思ってます。日本一決定トーナメントでは今日の僕とは違う僕を見せてぶっちぎりで優勝したいと思ってるんで応援よろしくお願いします」

3位:天野颯大(中央高校1年)
「昔から高校生になったらK-1甲子園に出たいと思っていたので出ようと思いました。格闘技歴は小学1年生の秋から空手をやって小学4年生からキックボクシングをやっています。得意技は左のボディブローです。西日本予選トーナメントは良いところも出たし、悪いところも出た試合だったので次は改善しようと思います。好きな選手はゲーオ・ウィラサクレック選手です。ゲーオ選手はムエタイ出身なんですけど、K-1ルールでもしっかり強さを証明して戦っていて、そういうところが好きです。日本一決定トーナメントでは悪いところをしっかり改善して完璧になって、もっともっと強くなって挑もうと思います」

3位:嶋秀太(長尾谷高校2年)
「K-1甲子園に出たきっかけは、先輩の椿原(龍矢)さんが優勝したのを見て、僕も優勝したいと思ったからです。格闘技歴は5歳からずっと空手をやっています。得意技は特にないです。好きな選手は昔のアンディ・フグ選手が好きです。西日本予選トーナメントは疲れました。連戦はしんどかったっす。反省点としてはもっと蹴りを出していけば良かったなと思いました。日本一決定トーナメントでは蹴りで頑張って優勝したいです」