2019.07.17

子供から大人までプロ顔負けの熱戦が繰り広げられるK-1アマチュア。このコーナーでは毎大会で選出されるMVP、K-1甲子園・全日本大会の展望を完全ガイド!今回は[第27回K-1アマチュア チャレンジ Aクラス トーナメント-60kg]優勝&MVP 鵜澤悠也(K-1ジム五反田)が登場!

「元々ワンマッチに出場予定で、しかもK-1アマチュアは僕初めて出たんです。それがワンマッチがいきなりトーナメントになったんで、これは何か俺に流れが来てるなと思いました。早くプロでデビューしたいと思っていて、今回が最後の機会ぐらいに思ってたので『これに優勝したらプロだ』と思って、絶対に逃せないと思って今回は挑みました。

 正直試合内容は実力の10\%も出せてないぐらいヘナチョコな試合だったんですけど、まあどうにか勝つことができたんで良かったです。プロデビュー絶対したいと思ってるんで、直すところはしっかり直して練習して行きたいと思います。格闘技を始めたきっかけは小学生の頃に身体が弱くて、それでボクシングを始めました。中学3年から試合にも出だして、高校・大学は習志野高校・東洋大学とボクシングのエリートでアマチュアボクシングを50戦ぐらいはやってきました。ちょっと色々事情があって退部させられちゃって……それでキックに転向して、色々縁があってK-1ジム五反田に入らせてもらいました。
 
 五反田で本格的にやりだしたのは本当に5月の頭からですね。好きな選手は魔裟斗選手です。プロでは55kgか57.5kgぐらいでデビューしたいんですけど、とりあえずKRUSHでベルトを狙っていく選手として頑張って行きたいと思います」