2018.10.24

子供から大人までプロ顔負けの熱戦が繰り広げられるK-1アマチュア。このコーナーでは毎大会で選出されるMVP、K-1甲子園・全日本大会の展望を完全ガイド!

今回は「ガスワンPresents K-1甲子園2018 ~高校生日本一決定トーナメント~」 -65kg優勝の近藤魁成(西成高校2年)が登場!

――K-1甲子園優勝おめでとうございます。K-1甲子園王者になって、どんな心境ですか?
「初の2連覇を僕が出来て嬉しかったんですけど、試合内容は満足いってないんで、これからのプロの試合でしっかり魅せていきたいと思います」
――試合そのものを振り返っていただけますか?
「グローブが大きくてパンチが大振りになっちゃったんで、もっとコンパクトに打てるようになりたいなと思いました。KOして、ほかの階級とのレベルの差を見せたかったんですけど。優勝してうれしいですが、試合内容では満足してないです」
――対戦相手の印象は?
「もっと圧倒できると思ったんですけど、相手の選手は距離感が上手かったです」
――連覇へのプレッシャーはなかったですか?
「連覇のプレッシャーより、オオカミくん(AbemaTVで放送されている恋愛リアリティショー)に出させてもらって、色んなメディアの方に注目していただいたプレッシャーの方が強かったです」
――今後の目標を聞かせてもらえますか?
「6月に右膝の半月板を怪我してしまって、それがまだ治っていない状態です。他にも色んなとこを怪我してるんで、今年は怪我を治すことに専念したいです。来年しっかり身体を作って、プロでチャンピオンを目指して頑張りたいと思います」